身体の調子を整えるために

人間に必要な睡眠時間

仕事で遅くなってしまう日は仕方がありませんが、毎日7時間以上眠るようにしましょう。
人間に必要な睡眠時間は、少なくても7時間だと言われています。
毎日それ以下の睡眠時間では、疲れを解消できません。
しっかり眠ることも、立派な美容法です。
しかし中には、7時間以上寝ていても疲れが取れない人が見られます。

それは質の悪い睡眠になっていることが原因でしょう。
寝る前の習慣によって、睡眠の質が低下するので詳しく調べてください。
熱いお風呂に入ると、脳が刺激されて目が覚めてしまいます。
できれば、寝る2時間前にはお風呂を済ませてください。
寝る直前に入らなければいけない場合は、ぬるめのお湯にしましょう。
40度前後がベストです。

脳に刺激を与えない努力

スマホやパソコンのライトも、睡眠を邪魔します。
寝る前は、それらを使用しないことを徹底しましょう。
読書などをして、ゆったりと時間を過ごすのがおすすめです。
睡眠を促す音楽があるのでそれを聞きながら寝るのもいいですね。
タイマーをセットしていれば、熟睡した頃になると自動に音楽が鳴り止みます。

良質な睡眠を確保できれば多少睡眠時間が短くても、疲れを解消することはできます。
毎日良質な睡眠を取ってください。
お肌のターンオーバーは、寝ている間が最も活性化します。
睡眠時間が足りないと、お肌が生まれ変わる前に目覚めてしまいます。
身体にもお肌も生まれ変わるために、睡眠が重要だと理解してください。
夜の10時には眠ることも大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る